看護師

作用するまでの時間

女性

ある程度の日数は必要

ボトックスはボツリヌス菌を注入して行う整形ですが、手軽なうえに体への負担も少ないため初めての人でも割と気軽に受けられるのではないでしょうか。誰でも美しくなりたい気持ちはありますがやはり体を切開するのは勇気がいりますし、仕事をしていたら休みをとったりなど何かと負担もかかってしまいます。その点ボトックスだと注射をするだけですので、整形をしたい部位があっても比較的気軽に始められるのかもしれません。精神的にも肉体的にもいろいろな面においてメリットも多いため、整形をする時の選択肢としてまず浮かぶのではないでしょうか。ただそこで気になるのは効果についてですが、それだけ気軽に受けられるとなるとその後の事も含めどうしても気になってしまうでしょう。ボトックスについてですが、ボツリヌス菌を注射で注入することで筋肉の動きを抑えたりするため、それなりに時間がかかることもあるでしょう。切開など行う場合は直接的に部位を触るため目に見えて効果もわかりやすいのですが、ボトックスの場合はそれとは少し異なります。ボツリヌス菌を注入して筋肉の動きが抑えられるまである程度の時間がかかりますので、その点は覚えておいた方がいいかもしれません。切開などした時と比べると効果が出始めるのは割とゆっくりと遅めになりますが、慌てずに待つことも大切になってくるでしょう。またボツリヌス菌の場合は部位によっても変化がでてくるタイミングなどが違ってくるため、その辺も把握しておいた方がよさそうです。まず目尻や額の表情ジワなどの場合は注入してから効果がでてくるまで2、3日はみておいたほうがいいでしょう。部位的に量も少ないためすぐに効果がでてきそうな気もしてしまいますが、ヒアルロン酸のように注入したものがそのまま結果につながるわけではありません。ボツリヌス菌が作用することでシワを改善したりすることにつながるまで、結果がでるまで数日はかかるでしょう。またエラの張りを抑えて小顔にする場合のボトックス注射だと、さらに変化がでてくるまで時間がかかってきそうです。個人差もありますがエラの張りがひいて効果がでてくるまで、だいたい2週間から長い人で1カ月くらいはみておいたほういいでしょう。なかなか効果がでてこないので焦りを感じる人もいるかもしれませんが、じっくりと様子をみながら待つようにしましょう。ボトックスの場合は体に負担をかけずにできる整形ですので効果があらわれるまでに多少時間はかかりますが、それでも十分それに値する価値はあるのではないでしょうか。また効果の持続についてですが3カ月から半年くらいでなくなってくるため、そのままでいると再び筋肉が戻ってきてしまいます。そのままの状態を維持したければ定期的にボトックス注射をするなどしてメンテナンスを行う必要が出てくるでしょう。ただ人によっては持続期間がすぎてもいくらか効果が残っている場合もありますので、様子をみながらボトックスで補うようにするといいかもしれません。ボトックスの場合はその後のケアなども重要になってくるため、事前に変化がでてくるタイミングや持続期間などをしっかりと把握してから始めると安心でしょう。